天明治療院 院長 今までのひとこと2019
明石市(西明石)にある天明治療院は、西式健康法をベースにして漢方での鍼・灸・マッサージを応用していかなる病も癒します tenmei-chiryouin.jp

 














私達は地球の自転に同調し、宇宙線とのつながりを得て生きています。
 
家の中の南東から北西にかけて、いい宇宙線が流れています。
北西の位置に金色の物を置くとお金に関する条件が良くなり金運を招くと云われています。
 
2020年は子年で‘ネズミ‘は大黒様の使いとされ、しかも180年に一度の7赤金星と庚子(かのえのね)が重なる年にあたりどちらも金運をもつとされています。
 
家の北西の位置に金色のネズミの置物を置き金運を呼び寄せましょう。




大地から湧き出した水はやわらかくて、なめらかで私達の身体や動植物にとても良いのです。
ところが湧き出て川となり処理所に集められ殺菌処理後に家庭に運ばれます。
組織内への水の吸収は直列ファイル構造が吸収されやすいのですが、しかし加齢と共に組織内の水は欠乏するのです。
これが無自覚性の脱水症状で慢性疾患、うつ病、ホルモンの不均衡、消化不良などがおきやすくなります。
微粒子化された水を当院で作っています。ご希望の方は取りにご来院ください。

12月1日より25日まで赤色の下着を今年の感謝の気持ちを含めて低価格にて販売いたします。ご期待ください。



長年価格維持に努めてまいりましたが、コストや消費税増大などのため現在の価格では製造することが出来なくなりました。 誠に申し訳ございませんが柿茶と赤パンツの価格を改定させていただきます。 ご理解の程よろしくお願い申し上げます。







 


急激な気候の変化で体調を崩しやすい季節になりました。
台風の接近により、いきなり大きく気圧が低下すると副交感神経の調節が行き過ぎて、血圧や血糖値や心拍数が低下し、頭痛やだるさ不快感や関節痛がおきます。
三半規管は気圧の変化を脳に送り自律神経を切り替える命令を発するところですが、即時に対応できず少しずつ順応していくしかありません。その間めまいなど不調を感じるのです。
 
学生にとって夏休みは心身のリラックスだったのですが又嫌な緊張状態に戻らねばなりません。
統計によると8月下旬から9月は急に自殺者が増加します。
自律神経やホルモンの働きを調整され楽しい新学期をお迎えください。



 




最近、耳を疑うような悲惨なニュースや事件などが多発しているように思われます。
多くの人々の心や感情の乱れからでしょうか。
事件に出会わないためにも、自分の持つ波動エネルギーをレベルアップさせ事件と共鳴しないようにしましょう。
テラファイトやテラファイト・コアは平安をもたらせ希望に満ちる装置なので心豊かな生活をつくるのにご利用下さい。






 

夏バテ対策にきゅうり、なすび行事をしましょう。


きゅうり、なすびは夏野菜の代表で、野菜のもつ生体水は微粒子でヒトの細胞にもスーと入ります。
又水分が多いので身体の悪いところをさすり病を封じ込め土に埋めたり川に流すことにより、病魔を退散させ夏の暑さを乗り切ろうとする行事です。
きゅうりは上から下に引っ張る力が強いので、宇宙とのつながりができやすく願い事が成就しやすいのです。
なすびは横に広がる力があり、排泄機能の機能が良くなり、精神的には人間性が大きくなるといわれています。



 

金運を呼び込む あじさい行事


5月中旬から約1月半、家の中の南東の角にあじさい3本を赤色のリボンと紫色のリボンで結び花を下に向けて吊るします。
これは地球が自転する波動を共鳴する方法で、日本では5月中旬から約1月半は南東から北西にかけて良い波動が流れるのと共鳴させる。その波動があじさいの波動とよく似ているところから伝統行事として受け継がれました。
あじさいの花の色はピンクもしくは赤系統は金運を呼び込み、紫色は健康面、青色は運命的に作用します。
又あじさいは再生さす力が強いので便所の神様にお供えすると下の病にならずそして長患いせずに死ねると云われています。

 


 



暑さに身体が慣れていないこの時季、熱中症が多発します。
ご注意下さい。
気温が35℃以上になると熱中症の危険性が高いので原則として運動は中止!
激しい運動や持久走など体温が上昇する運動はさける。特に子供は中止すべきです。
 
人の身体の水分量は子供で70%、成人で60%、老人で50%を占めています。
高齢になることで慢性的な脱水症に陥り熱中症を引き起こします。
10~20分おきに積極的に休息をとり、微粒子の水、塩分、クエン酸を補給して下さい。





 




春は心と身体のバランスを崩しやすい季節です。
春の気配を感じると「ムズムズ」が気になっておられる方も多いと思います。
花粉症のムズムズは免疫バランスの乱れからおこります。
善玉菌が多いと腸内環境が整いアレルギーが起こりにくいと云われています。
又、当院では藍染の魔法のスカーフを作っています。
藍色は水素の色です。水素には酸素が集まり中性にしようとします。
酸素には殺菌力があり抗菌やアトピーに最適なだけでなく、肩凝り、頭痛、喉が痛い、胸が苦しい等、その所に当てて下さい。すぐに楽になるようです。



 


生後1か月の乳幼児を首輪タイプの浮き輪を着け湯船に浮かばせ約1時間半放置、脱水による低酸素脳症で死亡(2/16朝日新聞より)
なぜ、湯船につかっていて脱水症で死亡になったのでしょうか?

年寄りは一番風呂はきついから入れるな、生木は水に浸けて乾かせ等、云われておりますが何故でしょうか。
動物やヒトの身体・野菜や草木がもつ生体水は粒子が細かい、水道水やため池の水は生体水より粒子が大きいため、細かい方から→大きい方に分子が流れるのです。
 
当院では粒子が細かくしかも水分子が整列した水を作っています。ご利用ください。





 

節分行事をしましょう。
自然界は相対という仕組みで出来ています。
陰と陽、昼と夜、プラスとマイナス、男と女、生と死、等々単純なシステムですが、これが自然の法則でこの法則によって健全な生命活動を続けているのです。

節分の日は地球に居る人は誰でも陰と陽が揃う日です。
天地一体、宇宙の中に自分が存在している事を自覚しやすく、宇宙と己をつなぐことの出来る日なのです。

身体では酸とアルカリが揃い自律神経が安定し潜在意識と現在意識が交流出来るのです。
私達はなかなか限界を超えることは出来ませんが、中和、中庸状態になった時、自己の持つ能力を遺憾なく発揮され活動させ、そして心身の調和が取れるのです。

節分行事の応用で運をよくして下さい。
仕方やくわしくは天明治療院にお尋ねください。





 


輝かしい1年が待っています。
気持ちをリフレッシュさせて新しいことに挑戦しましょう。
ヒトは中和状態の時病気がなく元気なのです。
こんな時 宇宙エネルギーとコンタクトし超能力的な力や才能が開花しやすいのです。
日の出と共に起きて動き(身体には酸性に働く)
日の入りと共に寝て休む(身体はアルカリ性に働く)
自然界は以上のような相対という関係に支配されています。
プラスとマイナス・陰と陽・男と女・右と左・天と地・昼と夜など表裏が一体の相対関係で成立しています。
このような事に気を付けて、心身共にお元気でお過ごし下さい。



hitokoto2021
hitokoto2020hitokoto2019










 

inserted by FC2 system